無職でもクレジットカードを作成できる色々な方法がありますよ。

画像


クレジットカードを申請するにあたって最大のポイントになるのは勤務先と収入証明です。
ほとんどのクレジットカード会社はこの2点を重要視しており、この2点さえクリアしていれば過去にクレジット利用やキャッシングなどの返済遅延による事故歴が無ければ基本的にはクレジットカードを作れます。

つまり、現在無職の人はまさに前述2点が不足しているわけなのでクレジットカードを作るのは難しいです。

しかし、実質無職であってもクレジットカードを作れる身分があります。
それは学生と派遣社員です。例えば楽天カードでは、学生専用カードというものがあり学生であれば在籍確認さえ取れれば無収入でもクレジットカードを持つことが出来ます。

加えて成人している学生であれば親権者の同意無しでもクレジットカードを作成することが出来ます。

次に派遣社員ですが、派遣社員は派遣会社に登録していれば、実質就労していなくても在籍確認が取れるのでクレジットカードを作ることが出来ます。

極端に言えば、就労の意思が無くともとりあえず派遣会社に登録さえしておけばOKということです。

それ以外でクレジットカードを作る方法は、両親や配偶者で就労している人がいれば、その人にクレジットカードを作ってもらって、そのクレジットカードから分家のような形で家族カードというものが作れます。

大本のクレジットカードを持っている人の信用に基づいてクレジットカードが作成できるので、本人が無職であろうが作成の障害にはなりません。

あとは自営業と偽って登録しても承認されるという情報もありますが、虚偽の申告は後々問題になることもあるかもしれませんのでお勧めしません。

無職という立場の自分に適したクレジットカードを作成して下さい。

無収入でもクレジットカードが手に入る仕組み

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック